×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進学ローンで教育費を・・・と思うと金利が気になる

教育費は進学ローンでとすると金利が問題ですが、進学ローンの種類と特徴そして選び方についてネットで情報を集めました。

進学ローンで教育費を・・・と思うと金利が気になるカテゴリー項目一覧

進学ローンの種類

教育ローンを考える時、公的と民間があることを考慮しましょう。金利では安く固定制である方が公的ローンです。使途制限が緩く、審査に当たって所得や融資額の条件が比較的いいのが民間ローンですが、民間ローンは公的ローンほど金利が安くありません。ですが、公的ローンと違って民間ローンの金利は一定ではなく、金利優遇キャンペーンが行われる時などに融資を受けるとお得な金利で利用できます。

教育ローンの公的なものには、教育一般貸付というものがあります。これは国民生活金融公庫が融資しています。この他に...

続きを読む

進学ローンの特徴

子供が生まれたらすぐにでも対策を立てるべき、と一般にはいわれる教育費ですが、そう順調に貯蓄していけるものではありません。手取りの年収が少なくなっているにもかかわらず、教育費は上昇の一途をたどっています。実際の進学先によっては想定以上の教育費が必要になることもありますし、物価の上昇も見込まれます。貯めていたお金では足りなくなる可能性は捨てきれません。金融商品の中でも、教育ローンはそういった教育費に使うためのローン商品です。教育経費に使うためのローンは進学ローンや教育ローンです。目的を限定しな...

続きを読む

進学費用とローンの役割

進学費用とローンの役割について調べてみました。子供が生まれた時からコツコツ貯めなければならない教育費。この場合、どの程度の額の予算を用意しておけば、ローンを利用せずに我が子に必要な教育費用がまかなえるでしょうか。子供1人に対して進学費用はどのくらい用意しておきたいと感じているか、というアンケートに対し、回答で一番多かったものは500万円前後というものでした。

子供が大学に入る時には、大学卒業までにかかる学費・生活費の約半分が準備できていることが望ましい状態といえます。4年間の大...

続きを読む

進学ローンの選び方

進学ローンの選び方について調べてみました。まず、教育費のためにお金が必要ならば、奨学金を狙うことも一案です。奨学金なら無利子で借り入れることができるのでお得な借り方です。ですが奨学金を受けるには成績や世帯の年間収入などの様々な制限があります。教育費が足りず奨学金を利用できない場合は、進学ローンに頼らざるをえないでしょう。

進学ローンと一口に言っても様々なものがあり、その中から自分に一番合うものを探さなければなりません。民間や公的などよく調べる必要があります。審査が早く金利の高い...

続きを読む

社会人でも使える進学ローン

進学ローンは子どもの学費のためだけにあるものではありません。社会人の使う教育ローンとは、資格の取得やキャリアアップを目的としたものです。今は一生が勉強の時代です。生涯学習のため、常に知識を深めスキルアップを求められる現状、就職してからも教育費用がかかります。大学進学費だけでなく、専門学校や職業能力開発校の学費にも国民生活金融公庫の教育ローンは利用可能です。一人200万円までの融資を受けることができる場合も条件次第で可能です。

この進学ローンは学生以外でも利用可能で、固定金利型の...

続きを読む

サイトTOPへ